線香

喪主になった時にはしっかり考えて葬儀業者を選ぼう|家族を送る儀式

単身世帯の増加

荷物整理

亡くなった後の相談

現在は未婚者や子供を持たない夫婦、一人っ子が多く離婚をされる人も多くなってきています。兵庫でもこれらに該当する人が多くなってきています。子供がいても離婚してしまってその相手が子供を引き取った時には、実子であっても子供には何も頼むことができなくなってしまうという人も多くなっています。一人っ子の人が高齢になり両親をみとった後には、だれも自分の遺族となる人がいなくなってしまいます。自分の最後をみとってくれるという人がいない人も兵庫には多くいます。要するに老齢の単身世帯が増加してきており、これらの人たちは自分が亡くなった後の遺品の整理を行うために、生前から遺品整理業者に依頼して遺品整理を行うように相談する人が多くなってきています。

近所付き合いがなくなって

昔は家族と一緒に生活を行い生涯地元で暮らす人が多くいましたが、現在では地元を離れて見も知らぬ都会で過ごす人も多くなってきています。必死になって都会で仕事をして気が付いたら一人になっていたという人も兵庫では多くいます。このような人たちが兵庫には限らず都会にはびっくりする数が存在しています。昔だったら人が亡くなった時には身内やご近所が、葬式などの段取りをしていたものですが現在は近所付き合いも希薄になってきており、身内がいなければもちろんのこと遠方に住んでいたり高齢だったりで、葬式や遺品整理を頼めないこともあります。この場合前もって生前から葬式の手配や遺品整理を依頼しておく業者を探しておく必要が出てきます。業者に依頼すれば単身でも遺品整理を行うことができます。