線香

喪主になった時にはしっかり考えて葬儀業者を選ぼう|家族を送る儀式

高齢化により需要が急増

作業員

独居老人の問題

社会の近代化に伴い核家族化した現代では、名古屋でも高齢化は深刻な問題となっていて、伴侶を失いまた家族と遠く離れて暮らす一人暮らしのお年寄りが多数存在します。この結果一人暮らしの住まいに残された家具や家電製品、仏壇仏具まで家財道具の処分が必要になります。これらは全て故人の遺品であるため処分するには遺族の承諾が必要になります。残された遺族としても、遺品として残すものとゴミとして処分するものと選別する労力や遺品を保管する場所や運搬の問題もあり大変な作業になります。実際遠くで暮らす家族にとって遺品整理に費やすことが出来る時間は限られています。そこで、最近では名古屋にも遺品整理を専門に行う業者があり任せるケースが増えてきているのです。

片付けから清掃まで

一言で遺品整理といっても必要なものだけ持ち帰れば終わりという訳はなく、不用品の処分や後片付や掃除まで含まれます。名古屋でも時折みられる孤独死などは極端な例としても突然に遺品整理が必要になる場合が多くみられます。名古屋にも最近増えてきた遺品整理を行っている業者に依頼すれば、明らかな不用品と遺品として残す価値があるものや思い出の品などを仕分けしてくれるばかりか、不要ではあるが価値があるもの等は、リサイクル品として買い取ってもらえる場合もあります。また、通常の清掃業者では敬遠する孤独死現場の特殊清掃も任せる事が可能です。故人が住んでいた家を解体する場合でも、家具などの家財道具は分別解体が必要で解体業者に依頼するより低価格で済む場合もあります。